« アルビノタイガーオスカーが山木 | トップページ | メモメモソハヤノツルキ鍛刀キャンペーン »

2017年8月16日 (水)

ラストアイドル第1回を見て修正版

ラストアイドル第1回目を見て修正版
12日深夜に始まった、秋元康プロデュースの新アイドル発掘番組ラストアイドルテレビ朝日系ネットを見た感想を書きます。再投稿です

4932名の中から最終選考通過者は43名。その中で生き残るのはたった7名。

既にデビュー曲は完成済み曲名バンドワゴン、衣装振り付けも出来上がっている。メンバーは他のグループとの兼任可能。2017年12月メジャーデビュー決定済みである。しかし、メンバーはデビュー直前まで入れ替わる。

第1回合格メンバー番号は立ち位置

1間島和奏わかなセンターポジション17歳元ドラフト候補生北海道
2吉崎綾21歳アイドルユニット243と吉崎綾兼任福岡
3小澤愛実14歳メンバー最年少神奈川
4安田愛里18歳モデル女優として活動、三味線はプロ級神奈川
5長月翠みどり17歳アイドルユニットオープニングシスターズ兼任神奈川
6山田まひろ18歳8歳から始めたダンスが武器愛知
7相澤瑠香18歳昨年までアイドルユニットに所属宮城


相澤瑠香長月翠安田愛里山田まひろ

吉崎綾間島和奏小澤愛実
3日間でダンスを覚えるが、山田は覚えが早く、吉崎は遅れをとった。次にデビュー曲のレコーディングを行う。バンドワゴンに乗るとは勝ち馬に乗るという意味。

ラストアイドルの過酷なルールは、毎週1人の一般応募のチャレンジャーが登場し、現メンバーの1人を指名する。その2人でパフォーマンスバトルをくりひろげる。もし現メンバーが負けたら、その椅子はチャレンジャーと入れ替わる。最後まで生き残れるのは誰か?審査員は4名で、その中の誰か1人が独断で勝敗をジャッジする。もしバトルで負けた場合は、敗者には別のプロジェクトが準備されている。ただし、メンバーはまだそのことを知らない。

第1回目のチャレンジャーは、青森のご当地アイドルりんこ娘リーダーの王林19歳。王林は最年少の小澤愛実3番を指名した。小澤は自分の椅子を守ることができるのか?

バンドワゴンショートバージョン作詞秋元康作曲白戸佑輔

この街を歩くとどうして
知らぬ間に早足になるのだろう?
そう誰もが自分の大事なもの
奪われないかと不安になるよ

立ち止まり立ち止まり深く息をして
空を見上げ問いかけた

僕が欲しいものとは?たった一つ願うもの
ずっとずっと追い求めてるあの夢か?
人混みに飲み込まれどこかで見失っても
絶対絶対バンドワゴンに振り回されない

僕が欲しいものとは?たった一つ願うもの
ずっとずっと追い求めてるあの夢か?
人混みに飲み込まれどこかで見失っても
絶対絶対バンドワゴンに振り回されない
次週に続く

バンドワゴンの曲は、秋元さんらしいさわやか系の曲です。自分の目標であるメジャーデビューを勝ち取るという意味の歌詞です。ただ即興グループなので、歌唱力ダンスなどがまだ完成していないというい印象ですが、頑張っている感じは出ていました。司会の伊集院光が曲を聞いて大げさかも知れませんが、歴史の1ページに立ち会えた感じがすると言っていましたが、そうなるかもしれません。

アイドルの誕生までをテレビで追いかけるのを見ると、情が移ります。古い話ですが、モーニング娘。のデビュー前を思い出します。5日で5万枚手売りしなければメジャーデビュー出来ないと言われて、それで応援しようと思いました。今回の番組もそんな感じです。今回はメジャーデビューが決定しているグループなので、恵まれているなと思いますけど、番組が終わる頃にはハマっている自分がいるな、と想像してしまいます。12月までではなく、来年の3月ぐらいまでオーディションを続けてほしいなと思いました。長くバトルを見続けていたいです。

ただ、デビューしてからは大変だと思います。秋元さんとしては48グループ以外では久しぶりの少数精鋭のアイドルグループですから。最初の曲は多少売れるかも知れませんが、次の曲からどうなるかはわかりません。48グループと同じ戦略で売るのでしょうか?それとも全く別の方法で売るのでしょか?期待して見ていきたいと思います。

ラストアイドル何か意味深なタイトルですね。

とりあえず来週からバトルが始まるので、本当の感想が書けるのはそれを見てからですね。

以上、第1回目を見た感想でした。最初の原稿を修正したものです。

« アルビノタイガーオスカーが山木 | トップページ | メモメモソハヤノツルキ鍛刀キャンペーン »